自分のストロングポイントを活かした職業に就こう。

貿易事務という仕事

海外の会社とやり取りすることがメインの仕事です。貿易事務と一口にいっても、交渉事や輸出入の手続きなどさまざまな業務内容があります。関連する企業も多種多様なため、希望する職種の業界についてリサーチすることが大切です。

仕事を始める前にチェックしよう!

地球と人形

事務能力の高さを活かせる

事務スキルに自信がある人や、さらに職能スキルを向上させたい人にとっても、貿易事務の仕事は魅力的になります。英語も学べますし、さまざまな分野で自己成長することが期待できるため、メリットが大きいといえるでしょう。

READ MORE
握手

仕事を探す

派遣社員として貿易事務の仕事は始める人も大勢います。未経験からでも仕事ができることや、職場環境を選んで働けるということで、支持されているのです。

READ MORE

貿易事務のやりがいとは?アンケート結果を大発表!

no.1

英語が上達する

日常英会話とは異なるビジネス英語を日々の仕事の中で習得することができるため、総合的な英語の力を身につけることができます。

no.2

視野が広がる

世界を舞台に仕事を進めていくため、広い視点で物事を見ることができるようになります。仕事の達成感を得ることができるため、自己成長にも貢献します。

no.3

コミュニケーションスキルの向上

外国人とのコミュニケーションは、日本と文化や風習が異なるため、ある程度経験を重ねて慣れることが必要になってきます。いかにうまく伝達し合うかを肌で学ぶことができるといえます。

求められる人材とは

英語に興味がある

英語の書類を読み書きしたり、海外の担当者と英語でコミュニケーションをとることが日常となりますので、英語に苦手意識があると辛いかもしれません。英語が好きで意欲がある人が求められています。

真面目に取り組む

貿易事務では、通常の事務作業がメインとなります。そのため、正しく書類を作成して、確実に期限内に仕事を終わらせるような、社会人として当たり前の姿勢が大切になってくるのです。

迅速に対応する

海外との取り引きにおいては、急なトラブルなども発生します。時差などもありますので、日頃からできるだけ速やかに仕事を進めていけるような人材が重宝されているようです。

柔軟性

臨機応変に対応できる柔軟な思考を持っていると仕事がしやすいはずです。取り引きする国によっては、日本では考えられないような対応をしてくるケースもあるでしょう。そんな場合でも慌てずに適切な行動をとれる人材がよいといえます。

海外が好き

日本以外の文化や歴史に深い興味を持っている人は向いているかもしれません。輸出入ビジネスの勉強にもなるため、将来役に立つことがたくさん吸収できるという視点で仕事ができるとよいでしょう。

語学に自信があるなら

婦人

アジアに進出する企業

経済成長が著しいアジア諸国へ進出する日本の企業が増加しています。そのため、貿易事務の求人数も増加傾向にあります。英語などの語学を活かした仕事を希望する人にとっては、活躍の場を広げる絶好のチャンスだといえるでしょう。

英語が不得意でもOK?

基本的には貿易事務という仕事において英語は必須となってきます。しかし、業務内容によっては、日本語のみで業務を行なうケースもあります。通関業者側の仕事で、国内だけで完結する輸出入手続きの部門を担当する仕事になります。

[PR]

【PR】
貿易事務って英語が話せないといけないの?
あなたの疑問を全て解消★

広告募集中